Up

明けましておめでとう、2010年~。


昨日まで仕事で

子供達は引きこもりだったので

元旦早々に出かけます。


去年の 『WALL・E』 に引き続き

ピクサー作品の

『カールじいさんの空飛ぶ家』へ。

(あっ、『WALL・E』も去年の印象に残る映画です)


画像




バルト9は3-D映画

前売り券+¥300

とピカデリーより安いのが魅力。


オイラだけちょっと早めに家を出て、座席確保へ-。

無事、確保後

ピカデリーへ『トイストーリー3』のプレミアム前売り券を

買いに行くが、ウッディ&バズのデザインの券は

一般使用でこちらは売り切れ・・・

小人のハム&レックスの券はあるそうだが

ウッディ&バズがないんじゃしょーがないので

諦めました・・・。


カミさん達が来るまで、まだちょっと時間があったので

ビックカメラへ。

みんな福袋を買っている中

CD 買っているのってオイラだけか?

血塗ラレタ世界 World Painted Blood / SLAYER

画像



以前購入した輸入盤は

デジパックのため未だ開封出来ずにいるので

ポイント使用して買っちゃったよ、国内盤。

まぁ、ボーナストラックもあるからいいかぁ~。


家族と合流後、いざバルト9へ-。

やっぱりタイトルは原題の 『Up』 でいいと思うんだけどなぁ~。

いつも期待通りかそれ以上の内容の

ピクサー作品ですが

今作も良かったですねぇ~。

出来ればカミさんと二人で手を繋いで見たい

そんな映画でした。

画像


画像



勿論、ファミリー映画としても大変良く出来ているのですが

ちゃんと大人の琴線に触れる部分があるところが

またにくいのです。

確かに細かい部分でつっこめる箇所は多々あるでしょう。

だけど骨格がちゃんとしたストーリー

魅力的なキャラクター達が

そんな指摘を跳ね除けるパワーを持っています。

3-D版での上映も

3-Dで驚かすというよりは

「画」を引き立たせるスパイスでしかなく

いつものように「物語」をちゃんと語ってこその

ピクサー作品

の姿勢にオイラの心も緩むのです。


オイラの腕にしがみつきながら

真剣に見ていた長女。

(ハラハラする場面がけっこーあるもんなぁ~)

終わったら緊張が解けたのか

急に泣き出してしまい

ビックリしたけど

可愛さ爆発です~。



ロビーに飾ってあった2枚のポスター。

画像


画像


カミさんが見てみたいと。

よく話を聞いてみると

「宇宙戦艦ヤマト」は見たことがないと・・・。

この一歩間違えたら

コントになってしまうかもしれない作品。

まぁ、2時間ドラマをスクリーンでかけて

「映画」と称して金儲けしているよりは

よっぽど良い姿勢なんだろうけどね・・・。


デスラー

ちゃんと



青く

するのか?

画像


誰が演じてもいいけどさ

でも

声は

伊武雅刀

にやってもらいたいぞっ!!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック