La La Land

深夜のDVD鑑賞。

『ラ・ラ・ランド』。

画像



見終わったばかりは、いやもう素晴らしくて様々な感情がぐるぐる回っていた。

ファーストシーンの高速道路では

「ふ~んこんな感じなんだぁ」とそんなに

食いつかなかったのですが。

映画館でのデートで手をつないだところでは、もうどっぷり作品の中へ。

(しかも今の時代に手をつなぐかつながないかで、こちらの気持ちが持っていかれるなんて!)



高台でのタップダンスのシーン。

桟橋でのシーン等のロケーションの綺麗さ(それともセット、CG?)。

天文台やセットを使ったファンタジックなミュージカルシーン。



物語としてはよくある、何度も見聞きしたような話しだけど。

「5年後」がああなってなければここまでの作品にはならなかったろう。

ピアノのイントロの切なさ。

「もしああなっていれば」の切なさ。

ラストの二人の「分かっている」笑顔。

(あぁーっ、心で号泣)


音楽も素晴らしく。

こりゃサントラ盤(歌モノもスコア盤も)買わなきゃ!


画像


画像









今年、今のところ見た映画は47本。

劇場に見に行ったのは2本だけの体たらく・・。

後はみなDVDでの鑑賞。

後、見れても2、3本だろう。

『スター・ウォーズ』はカミさんと劇場へ足を運ぶが。

でも見た映画、全てが全て面白く見られたワケではなく。

殆どが普通かそれ以下になってしまう。

(高校生の時のように、何でも楽しめる!というワケにはいかないよね・・。)

だからこそ。

この『ラ・ラ・ランド』のような作品に出会える事が凄く嬉しのです!


個人的今年出会った作品の「これだ!」は。

『この世界の片隅に』

『アポカリプト』

『パンズ・ラビリンス』

『ラ・ラ・ランド』


次点

『ヒメアノ~ル』

『ドント・ブリーズ』


さて、年内後数本&来年はどんな作品と出会えるかな?

(まぁ、まずは『スター・ウォーズ』の出来がどうなるか?)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック